永遠の旅人  美を巡る彷徨

旅で訪れた美しい国や村、街並み、建築等を、撮りためた写真と共に、思いつくまま綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

醍醐寺の枝垂桜   京都

去年の春は、京都で桜を見ることができた。染井吉野には早かったが、醍醐寺枝垂桜が満開だった。それは見事な美しさであった。艶やかな枝垂桜がもっと好きになった。華やかに咲き誇って、潔く散る。桜の壮絶なまでの美しさは、散り際の美学にあるのだろう。
今年は、残念ながら京都へ花見に行けそうにない。鎌倉山の桜並木の下、降りしきる花吹雪の中を歩こうか。生あるものは全て、その終焉に向かってゆく。時は確かに流れ去ってゆくけれど、儚い夢のような美しさの中に、時を止めた永遠の美を見出す瞬間がきっとある。桜はそれを、そっと垣間見せてくれる。
醍醐寺桜1

桜がそっと教えてくれる
醍醐寺桜2

醍醐寺桜3

醍醐寺桜4

醍醐寺桜5

醍醐寺桜6

醍醐寺桜7


ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

光悦寺、源光庵      京都

紅葉で有名な光悦寺。訪れたのが少し遅かったのか、近くのしょうざん光悦芸術村はまだ見頃だったのに、ほとんど終わっていた。以前新緑の季節に訪れて、次は紅葉の頃に来ようと決めていた。近頃の温暖化で、桜や紅葉の時期を予測するのが難しくなった。このまま温暖化が進んで、桜や紅葉が消えてゆくようなことがあってはならない。日本の美しい文化は、美しい四季があってこそと思う。
いつか、赤く燃えるような紅葉が映える光悦垣に出会いたい。




紅葉が散ってしまった光悦垣




光悦寺から源光庵へ行く途中に見た美しい紅葉




源光庵の庭園


迷いの窓


悟りの窓

ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!

テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

紅葉のしょうざん光悦芸術村 京都

しょうざん光悦芸術村には光悦寺に向かう途中に寄った。かなり前に新緑の季節に訪れて以来2度目であった。その時も「こんな所にすごいものがあるな」と感心したが、紅葉に覆い尽くされた庭園はさらに素晴らしかった。三万5千坪の敷地に、料亭や各種レストラン、ギャラリー他様々な施設が点在している。呉服メーカーのしょうざんが造りあげた美のテーマパークのようだ。私はメインの庭園のみの見学なので、全貌は見ていない。次は、ここを目的に来て、ゆっくり過ごしても良いと思った。


メインの庭 北庭


樹齢四百五十年と言う古木


古木と石と紅葉の饗宴


美しい茶室


せせらぎに舞い落ちる紅葉


風情のある東屋


せせらぎに映る赤く燃える紅葉


紅葉のトンネルを抜けてゆく


巨石の庭 南庭


このベンチで気持良さそうにお弁当を食べている人がいた


しょうざん光悦芸術村から光悦寺まで川沿いに錦を織り成す紅葉と黄葉

ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!

テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

紅葉の大徳寺(高桐院)         京都

大徳寺は数多くの国宝や重要文化財を持つ洛北きっての大寺院である。広大な敷地に常時公開されているのが、瑞峰院、大仙院、竜源院、高桐院である。紅葉の季節だけ、特別公開されるものもある。全てきちんと見ていたら、大徳寺だけで半日はかかってしまうだろう。その日は、高桐院をゆっくり鑑賞することにした。
紅葉の川に架かる橋を思わせる石敷に導かれて、庭園に向かう。苔の上に散り落ちた紅葉の風情が美しかった。京都の寺院を訪れると、日本の古い文化の美しさを改めて感じてちょっと誇らしい気分になる。西洋とは異なる、静かで繊細な美だ。自らは永遠を求めていない、儚くて潔い美。だが、それは永遠に残してゆきたい美だ。



















ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

紅葉の詩仙堂、曼殊院、圓光寺  京都

母は詩仙堂が好きだった。人知れず咲いている山野草、えびね蘭をこよなく愛していた女性だった。詩仙堂の近くに叔母が好んだ華麗な曼殊院がある。薔薇や芍薬が好きな私は、曼殊院の方に魅かれる。
いつも曼殊院へ向かう道すがら訪れる詩仙堂で、落ち着いた中にもどことなく可愛らしさの漂う庭園を眺めていたら、優しかった母の姿をそこに見たような気がした。


紅葉が華を添える詩仙堂の庭園


落ち着いた中にも可愛らしさの漂う風情


母が好きだった詩仙堂





華麗で粋 壮大な宇宙を感じる曼殊院の庭園 




叔母が好んだ曼殊院


紅葉に彩られた艶やかな風情の曼殊院





紅葉圓光寺


圓光寺詩仙堂から曼殊院に向かう道にある



ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!

テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

紅葉の東福寺(通天橋、八相の庭、即宗院、龍吟庵、光明院)  京都

紅葉で有名な東福寺。今年の紅葉は今ひとつと聞いていたが、それでも美しかった。ここ10年は、温暖化の影響で以前のような最高に美しい紅葉にはなっていないと聞く。その頃を見ていない、まして関東から訪れる私にとってはあらゆるものが美しく見える。最近買ったデジカメは、実物よりさらに鮮やかに写してくれる。
京都が大好きでこれまで沢山通ってきたが、気に入った庭園がどの寺のものなのか解らなくなってしまうことが多い。これからは、ひとつひとつ記憶と記録に残してゆきたいと思う。


紅葉に囲まれた通天橋






八相の庭 重森三玲の作(昭和14年) 近代庭園の傑作と名高い


八相の庭 北庭


即宗院 室町時代後期の庭園




龍吟庵 重森三玲の作(昭和39年)


虹の苔寺と言われる光明院







ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!

テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

FC2Ad

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
海外旅行が大好きです。
これまでヨーロッパを中心に31カ国を訪れ、渡航回数32回、渡航日数532日間になりました。特にフランスとイタリアが好きです。
どうぞよろしくお願い致します。



~~~~~~~~~~~~~~~~
当ブログに掲載されている写真や文章を転載・転用することは、固くお断り致します。

FC2カウンター

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンク

フリーエリア

←♪♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。