永遠の旅人  美を巡る彷徨

旅で訪れた美しい国や村、街並み、建築等を、撮りためた写真と共に、思いつくまま綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ドルマバフチェ宮殿(Dolmabahce sarayi) イスタンブール(トルコ)

イスタンブールにあるドルマバフチェ宮殿(Dolmabahce sarayi)は、オスマン帝国の時代にはスルタンの居城として、またトルコ共和国になってからは大統領官邸として、歴史にその華々しい姿が刻まれている。
豪華絢爛な宮殿で特に目を見張ったのは、大階段の手摺の支柱にクリスタルが使用されていること。中央に吊るされたバカラの巨大なシャンデリアも美しいが、それよりも手摺の美しさに心を奪われてしまった。ドルマバフチェ宮殿と聞いて、私が真っ先に思い出すのは、このクリスタルの手摺である。
ドルマ1

ドルマ2

ドルマ3

ドルマ4

大階段の手摺の支柱がクリスタル

ドルマ5


ドルマ6

ドルマ7

ドルマ8

宮殿からボスポラス海峡を望む

ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

シヨン城(Chateau de Chillon)   スイス

有名なシヨン城には、行きはモントルーから遊覧船に乗って行った。船は湖上をすべるように進み、やがて、様々な映像で目にしていたとおり、レマン湖に浮いているかのように見える美しい城が近づいてきた。
城は湖岸に建っていて、岸辺から門をくぐり中に入ると、それまで抱いていたロマンティックなイメージは吹き飛んでしまった。バイロンが「シヨンの囚人」という詩を残しているように、シヨン城はかつて幽閉の地であった。優雅な趣はなく、無骨な荒々しさが漂っていた。
帰りは、モントルーまで湖岸沿いの遊歩道を歩いた。樹々が心地良い緑陰を作り、湖の向こうにそびえるフランスアルプスや美しく咲きそろう花々が目を楽しませてくれた。ゆったり犬の散歩をする人や、気持良さそうにジョギングをしている人。私もここでなら疲れを知らず、どこまでも走ってゆけそうな気がした。
シヨン城1

レマン湖に浮いているように見えるシヨン城
シヨン城2

シヨン城3

シヨン城4

シヨン城5

シヨン城6

シヨン城7

シヨン城8

どこまでも歩いて行きたくなる心地良い遊歩道
シヨン城9


ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

シヨン城(Chateau de Chillon)  スイス

モントルー近郊にあるシヨン城は、レマン湖にあたかも浮かんでいるように見える姿が美しい。訪れる前から、テレビのCMなど様々な場面で目にしていた。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

ナプール城(Chateau de la Napoule) マンドリュー・ラ・ナプール(Mandelieu-La Napoule) フランス

カンヌ近郊の小さな海辺の町であるマンドリュー・ラ・ナプール(Mandelieu-La Napoule)に魅力的な城、ナプール城(Chateau de la Napoule)がある。20世紀初頭、アメリカ人彫刻家ヘンリー・クルーと建築家の妻マリーによって廃墟と化していた城が美しく再生された。紺碧の地中海に迫り出すテラス、ヘンリーの奇怪でユーモラスな彫刻のコレクション、マリーが手がけた庭園。城のガイドが説明をしながら案内してくれた。城の至る所に、個性的な美意識が貫かれていた。
城の主だった夫妻は、自分達が創り上げた夢の城の一角に、仲良く並んで波の音を聞きながら永遠の眠りに就いている。
ナプール1

紺碧の地中海に面して建つナプール城(Chateau de la Napoule)
ナプール2

ヘンリー・クルーの奇怪でユーモラスな彫刻が施された柱
ナプール3

ナプール4

ナプール5

ナプール6

ナプール7

紺碧の地中海に迫り出すテラス
ナプール8

ナプール9

ナプール10

マリーが手がけた庭園
ナプール11


ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!

テーマ:フランス - ジャンル:旅行

このページのトップへ

フジェール(Fougere)城  フランス

フジェールFougere)には、レンヌからバスで行った。朝焼けの光が紅をさす霧の中、霜に覆われて薄化粧をしたかのような白い大地を走り抜けて行く。木々も樹氷に似た白いベールを纏っていた。
やがて、忽然と城が現れた。美しく神秘的な姿であった。厚さ3mの城壁は、西ヨーロッパで一番堅牢だと言う。内部はほとんど破壊されてしまったが、かえってそれがこの城の神秘性を高めているように感じる。城は見る角度によって全く異なり、その場に立った人にしか見ることができない美しい顔を沢山持っていた。
霧に覆われ、高台からの姿は霞んでしまったが、それもまた良い眺めであった。
フジェール11

白い霧に霞む風景の中、城が現れた
フジェール2

フジェール3

フジェール4

フジェール5

フジェール6

フジェール7

フジェール9

フジェール8

フジェール12

高台から城を眺める

ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

ネッシー伝説 ウルクハート城(Urquhart Castle)   インヴァネス(Inverness) イギリス

怪獣ネッシーが住んでいると言う伝説の地。それは、スコットランド地方のインヴァネスにあるネス湖。そのほとりにウルクハート城はある。イギリス軍に破壊され、廃墟と化したその城には、伝説が良く似合う。
訪れた日は、鉛色の空が重く、湖は鈍い光を宿していた。普段、未確認動物(UMA)を信じない私も、神秘的な湖とウルクハート城の姿に、少しだけ信じたくなった。
ウルクハート1

ウルクハート2

ウルクハート3

ウルクハート4

ウルクハート5

ウルクハート7

いても不思議じゃないかも・・・
ウルクハート6

これは模型です

ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

ペーナ宮殿(Palaco da Pena) シントラ(ポルトガル)

ペーナ宮殿は、美しいシントラ観光のハイライトである。
独創的なその姿は、一度見たら忘れることは出来ない。かのノイシュヴァンユタイン城を造らせたルードヴィヒ2世のいとこであるフェルディナンド2世が、ドイツから建築家を呼び寄せて造らせたと言う。様々な様式が取り入れられた城は、不思議なバランスを保っていて非常に魅力的である。
私が一番気に入ったのは、遠く大西洋まで見渡せるテラスへの、出入り口の壁から、旅人を見下ろしている半漁人の彫刻である。貝殻の上、それは奇妙なポーズで、ずっとこの城を今も見守り続けている。何故か、とても心惹かれる。写真を見ていたら、またその姿に会いに行きたくなった。
ペナ宮殿1

ペナ宮殿2

ペナ宮殿3

城内部は撮影禁止だがとても美しい
ペナ宮殿11

ペナ宮殿5

ペナ宮殿6

ペナ宮殿7

ペナ宮殿8

妙に心惹かれる半漁人の像、これも美の1つの形と言うべきか・・・
ペナ宮殿9

ペナ宮殿10

遠く大西洋まで見渡す壮大なパノラマが広がる

ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

FC2Ad

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
海外旅行が大好きです。
これまでヨーロッパを中心に31カ国を訪れ、渡航回数32回、渡航日数532日間になりました。特にフランスとイタリアが好きです。
どうぞよろしくお願い致します。



~~~~~~~~~~~~~~~~
当ブログに掲載されている写真や文章を転載・転用することは、固くお断り致します。

FC2カウンター

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンク

フリーエリア

←♪♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。