永遠の旅人  美を巡る彷徨

旅で訪れた美しい国や村、街並み、建築等を、撮りためた写真と共に、思いつくまま綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

コミーリャス(Comillas)  スペイン

北スペインの小さな海辺の町であるコミーリャスComillas)には、サンティリャーナ・デル・マルからバスで向かった。この町には、どうしても行きたい所があった。それは、アントニオ・ガウディ建築のレストラン、エル・カプリチョである。行く前から嫌な予感はしていた。事前にインターネットで調べたのだが、レストランの定休日がどうしても分からなかった。日程の都合でコミーリャスに行くことが出来たのは、その月曜日しかなかった。嫌な予感は的中してしまった。エル・カプリチョは定休日で閉まっていた。薄々そんなこともあろうかとも思っていたが、いざそうなってみると、かなりショックだった。自分の詰めの甘さに腹が立ってきた。とにかく、せめて外観だけでも見ようと思ったが、それも甘かった。高い塀に囲まれていて、隙間から少し見えるだけであった。間抜けな私の他にも、同じような間の抜けた旅人がちらほら。皆一様に、恨めしそうに塀の外から何とか中を見ようとしていた。
さらに、追い討ちをかけるように、この町のもう1つの見所であるコミーリャス公爵のソブレジャーノ邸も定休日で閉まっていた。もう、こうなったら、やけっぱちである。中は何も見せてもらえなくても、精一杯歩きまわり、この小さな町の景観の美しさはしっかり見届けた。コミーリャスは美しい海辺のリゾートであった。断崖から望む大西洋の眺めは迫力があり、見晴らしの良い場所にそびえる邸宅も絵になる。
いつか、再訪することを心に期して町を後にした。
コミーリャス1

やはり美しいガウディ建築のエル・カプリチョ、次はきっと・・・
コミーリャス2

コミーリャス3

コミーリャス公爵のソブレジャーノ邸も定休日で閉まっていた、トホホ・・・
コミーリャス4

丘にそびえる美しい邸宅
コミーリャス5

コミーリャス6

コミーリャス7


ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!
スポンサーサイト

テーマ:スペイン - ジャンル:旅行

このページのトップへ

サンティリャーナ・デル・マル(Santillana del Mar)  スペイン

中世から変わらぬ家並みの保存状態がとても良いサンティリャーナ・デル・マル(Santillana del Mar)は、スペインで最も美しい村とも言われている。
おそらく、旅の晴天率80%以上(言い過ぎか)の私は、旅行中めったに雨に降られたことがない。降ったとしても、電車で移動中とか食事中などで、いざ外に出て観光をする時には既に雨が止んでいることが多い。が、サンティリャーナ・デル・マルでは、観光中に雨に降られてしまった。しっとりした雨の風情も良いけれど、視界の邪魔になるので、傘をさして観光するのは好きではない。どんよりした空模様が重苦しく心に圧し掛かってきて、「遠い日本からわざわざ来たのに、ついてないな・・・」と気分も滅入ってくる。そのため、この村に対する私の印象は、冴えないものになってしまった。
サンティリャーナ・デル・マルではパラドール、サンティリャーナ・ヒル・ブラスに泊まった。前出の豪華なサン・マルコスに比べると、規模も小さく素朴だが、小じんまりとして可愛らしい佇まいとレセプションの女性のチャーミングな笑顔に癒され、どんより曇っていた気分に明るい陽が差し込んできたように感じた。
サンティリャーナ1

サンティリャーナ7

サンティリャーナ8

サンティリャーナ2

サンティリャーナ3

サンティリャーナ4

サンティリャーナ5

サンティリャーナ6

小じんまりとして可愛らしいパラドール、サンティリャーナ・ヒル・ブラスの部屋

レオンにあるパラドール、サン・マルコスについてはカテゴリー「海外の美しいホテル」の中で2008年2月27日の日記に記載しています。

ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!

テーマ:世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

ブルゴス(Burgos)  スペイン

かつてのカスティーリャ王国の都であったブルゴスBurgos)は、巡礼の道の途中にある。アルランソ川を渡り、サンタ・マリア門をくぐると、そこには中世の面影を残す美しい町があった。スペインの3大カテドラルの1つであるサンタ・マリア大聖堂は特に見応えがある。内部に施された華麗な装飾が素晴らしい。何枚か写真に撮ってみたが、悲しくなる程写りが悪かった。あの頃デジカメを持っていたなら、と悔やまれる。今まで訪れた所を全てデジカメで撮り直したいくらいだ。
黄葉が美しい川沿いの並木道を歩きながら、自分がスペインにいることをしばし忘れていた。どこか、他のヨーロッパの町を歩いているかのような気がした。少しフランスに似ている。この巡礼の道の先にフランスがある。ヨーロッパの国々が互いに影響しあい、それぞれ似ていて非なる文化を創り上げてきたことに想いを馳せた。
ブルゴス1

アルランソ川を渡り、サンタ・マリア門をくぐる
ブルゴス2

ブルゴス3

壮大なサンタ・マリア大聖堂
ブルゴス4

ブルゴス5

ブルゴス6

ブルゴス7


次にスペインに行く時は、タパスやピンチョスを食べようと決めていた。ガイドブックに載っていたCASA OJEDAに行った。カウンターの上ににずらりと並んだ小皿料理を前にして、端から気になったものを次々頼んでゆく。実際に目で見て選べるので、失敗がない。カウンター越しに店のスタッフとやりとりするのも、少しずつ沢山の種類を食べられるのも、日本の寿司屋のようで楽しい。どれもとても美味しくて、正直パラドールで食べたディナーより味はこちらの方が気に入った。

ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

サンチャゴ・デ・コンポステラ(Santiago de Compostela)  スペイン

イスラムの影響を受けた美しい建築の数々が残るスペインにはとても魅かれる。以前、父とアンダルシア地方を中心に巡るツアーに参加した。全ておまかせのツアーに父と一緒ということで安心していたせいか、今までの旅行の中で最も印象に残っていない。アルハンブラ宮殿やトレドがとても美しかったことは覚えているのだが、どこか印象がぼやけているのだ。いつか、必ず個人で再訪したいと思っている。その時は、1日かけてゆっくりアルハンブラ宮殿を隅から隅まで見て、トレドでは連泊するつもりだ。だが、旅先で出会った人々から、スペイン(特にマドリード、バルセロナ、アンダルシア地方)の危険情報(強盗)を再三聞き二の足を踏んでしまう。イタリアのスリと違って、どんなに気を付けていても狙われたら最後、力ずくで盗まれるそうだ。

北スペインにあるサンチャゴ・デ・コンポステラには、北スペインが南部より安全と聞いて、北ポルトガルからフランスに抜ける旅をした時に訪れた。サンチャゴ・デ・コンポステラはフランスから始まる巡礼の道の最終地である。今でも約900kmに及ぶ巡礼の道を踏破する人々が多い。巡礼者がオブラドイロ広場に辿り着き、広場に面して建つ壮麗なカテドラルを見上げる時、どんな想いがその胸を去来するのだろうか。ただの通りすがりの旅人には知る由も無いが、それでも胸に迫るものがある。その建築の美しさのためか、やはり巡礼者の想いがこの広場に集積しているからだろうか。
町は巡礼の地としてふさわしく、静かな美しさに満ちていた。が、スペインがヨーロッパの他の国より危険だという先入観を払拭できず、私はいつもよりさらに気を引き締めて緊張していたので、心ゆくまで町歩きを満喫することはできなかった。まだ充分早い時間なのに、ちょっと日が暮れかけただけでビクビクして、早々にホテルに戻った。ちょっと情けないなとも思うが、危険を回避するにはこれ位でちょうど良いのかも知れない。(ちょっとビビリすぎ?)

サンチャゴ1

オブラドイロ広場に面して建つ壮麗なカテドラル
サンチャゴ2

サンチャゴ3

サンチャゴ4

サンチャゴ5

サンチャゴ6


サンチャゴ・デ・コンポステラでは、前々から泊まりたかったパラドール、ロス・レイエス・カトリコスに泊まった。美しいパラドール自体が歴史的建造物であり、中を探検するのにかなり時間がかかった。

ロス・レイエス・カトリコスについては、カテゴリー「海外の美しいホテル」の中で、2008年2月22日の日記に記載しています。

ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

FC2Ad

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
海外旅行が大好きです。
これまでヨーロッパを中心に31カ国を訪れ、渡航回数32回、渡航日数532日間になりました。特にフランスとイタリアが好きです。
どうぞよろしくお願い致します。



~~~~~~~~~~~~~~~~
当ブログに掲載されている写真や文章を転載・転用することは、固くお断り致します。

FC2カウンター

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンク

フリーエリア

←♪♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。