永遠の旅人  美を巡る彷徨

旅で訪れた美しい国や村、街並み、建築等を、撮りためた写真と共に、思いつくまま綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

アール・ヌーヴォーの息づく町 ナンシー(Nancy)   フランス

エミール・ガレの生地であるナンシーNancy)には、アール・ヌーヴォーの建築が数多く残っている。美しくそれぞれが個性的な姿は、春に咲き誇る花々のように魅惑的だ。蔓のように伸びたアイアン飾りや、花弁を模ったレリーフなど、ひとつひとつ凝った意匠を眺めながら散歩するのも楽しい。ほとんどが個人住宅であるため、室内を見学することができないのが残念である。
ブラッスリー・エクセルシオール・フロ(Brasserie Excelsior Flo)では、美しいアール・ヌーヴォーの装飾の中で食事をすることができる。私は、滞在中に2度ランチをした。店には客がひっきりなしに訪れていて、常に賑わっていた。スタッフの中に小柄で華奢な女性がいた。見ているこちらが心配になる程、大量の食器を載せたひどく重そうなトレイを担いでいた。担ぎ上げる時、一瞬まわりの男性スタッフも気にしたようだが、手を貸そうとはしなかった。フランスでは、重い荷物(と言っても機内持ち込み可能な小さなキャリーバッグだが)を持っていると通りすがりの男性が手を貸してくれることが多い。習慣として根付いているように感じる。が、ひとたび仕事となると、事情が違うようだ。そこにあるのは、徹底した男女平等なのだろう。旅人には解らない、この国で生きていくことの厳しさを垣間見た気がした。
ナンシー1

世界遺産に登録されているスタニスラス広場(Porte Stanislas)を見下ろす
ナンシー2

ナンシー3

ナンシー4

ナンシー5

ナンシー6

町に息づくアール・ヌーヴォーの建築
ナンシー7

ナンシー8

ブラッスリー・エクセルシオール・フロ(Brasserie Excelsior Flo)の内装

ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!
スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

FC2Ad

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
海外旅行が大好きです。
これまでヨーロッパを中心に31カ国を訪れ、渡航回数32回、渡航日数532日間になりました。特にフランスとイタリアが好きです。
どうぞよろしくお願い致します。



~~~~~~~~~~~~~~~~
当ブログに掲載されている写真や文章を転載・転用することは、固くお断り致します。

FC2カウンター

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンク

フリーエリア

←♪♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。