永遠の旅人  美を巡る彷徨

旅で訪れた美しい国や村、街並み、建築等を、撮りためた写真と共に、思いつくまま綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ダヴィッド&アリス・ヴァン・ビューレン美術館(Musee David et Alice Van Buuren)  ブリュッセル

ブリュッセルの高級住宅地に美しいアール・デコ様式の館がある。ダヴィッド&アリス・ヴァン・ビューレン美術館として、一般公開されている。
館内は、照明や家具、食器類、タピストリー、絨毯など、部屋の隅々まで徹底したアール・デコの装飾で統一されている。1930年代当時を再現したというインテリアは、直線的でモダンでありながら細部に職人技が光る凝った造りで、とても美しく居心地が良い。この明るい陽の光が差し込む部屋の椅子に深々と腰掛けて、ゆったりと時を過ごせたらどんなに素敵だろうと思いを馳せた。実際、そんな素敵な時を過ごしている御婦人が目の前にいた。おそらく、美術館のスタッフ(監視員)と思われる年輩の女性で、窓辺の椅子に腰掛けてゆったり雑誌を読んでいた。なんだか、ちょっと羨ましくなってしまった。
この美術館で忘れてはいけないのが、数々のコレクションの中に、絵画の逸品が展示されていることだ。ブリューゲル(父)による「イカロスの墜落」である。ベルギー王立美術館にある「イカロスの墜落」と見比べてみるのも面白い。
ビューレン1

この扉の向こうには、徹底した美しいアール・デコ様式のインテリアが広がる
ビューレン2

ビューレン3

ビューレン4

ビューレン5

ビューレン6

残念ながら、館内は撮影禁止だったので、庭園の写真だけしかありません。
興味を持たれた方は、ダヴィッド&アリス・ヴァン・ビューレン美術館を御覧下さいませ。

ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!
スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

FC2Ad

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
海外旅行が大好きです。
これまでヨーロッパを中心に31カ国を訪れ、渡航回数32回、渡航日数532日間になりました。特にフランスとイタリアが好きです。
どうぞよろしくお願い致します。



~~~~~~~~~~~~~~~~
当ブログに掲載されている写真や文章を転載・転用することは、固くお断り致します。

FC2カウンター

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンク

フリーエリア

←♪♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。