永遠の旅人  美を巡る彷徨

旅で訪れた美しい国や村、街並み、建築等を、撮りためた写真と共に、思いつくまま綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ポルトフィーノ(Portofino) イタリア

高台から俯瞰したその眺めは、これまで数々の映像で見てきたのに、ポルトフィーノ(Portofino)の美しさは、私の想像を遥かに超えていた。緩やかな弓を描く優雅な曲線を彩る家並みと、碧く煌めく静かな内海が絶妙な調和を成している。木々の間に見え隠れするヴィラや、港に停泊するヨットやクルーザーが、非日常を演出する。
かつて、長く忘れ去られていた鄙びた漁村の美しさに気付いた金持ちたちが、豪華なヴィラを建て、リゾートを楽しむようになった。彼らのお陰で、ポルトフィーノは一般の人々に広く存在が知られるようになった。ヨーロッパを旅していていつも感じるのは、王侯貴族や金持ちたちがこぞって城や別荘を建てる場所は、格別に美しいということ。この世の楽園とも言うべきコート・ダジュールやイタリアの湖水地方、シントラ・・・。審美眼を持った人々が、逸早くその美しさに気付き、高い美意識と財力でより洗練された空間を生み出してゆく。富の集中と、美の集約。それが良いことだとは言わない。私のような一介の旅人は、通りすがりの気楽さで、ただ美しさの一端に触れ愛でるのみである。
私は松林と糸杉に囲まれたベンチからポルトフィーノを眺め、勝手にこの世の楽園に認定した。
ポルトフィーノ1
この美しさに言葉はいらない
ポルトフィーノ2

ポルトフィーノ3
青く広大な外海と碧く静かな内海
ポルトフィーノ4
見たことがない不思議な風景
ポルトフィーノ5
次回はぜひ泊まりたいホテル・スプレンディドが山の中腹にある
ポルトフィーノ6
ポルトフィーノの美しさを彩る豪華なヴィラ
ポルトフィーノ7

ポルトフィーノ8
もうこれは、この世の楽園だな・・・
ポルトフィーノ9
木陰のベンチはとても心地よい


ポルトフィーノにはやはり船で入りたい。私は、滞在先のサンタ・マルゲリータ・リグレから定期船で行った。緩やかなカーヴの先に小さな港が見えた時、胸が高鳴るのを感じた。ここは特別な場所だ。
ポルトフィーノ10
停泊するヨットやクルーザーの間を進む
ポルトフィーノ11

ポルトフィーノ12
小さな港が見えてきた
ポルトフィーノ13

ポルトフィーノ14
ポルトフィーノに上陸
ポルトフィーノ15
締めはこれ ポルトフィーノは俯瞰が最も美しい

ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

FC2Ad

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
海外旅行が大好きです。
これまでヨーロッパを中心に31カ国を訪れ、渡航回数32回、渡航日数532日間になりました。特にフランスとイタリアが好きです。
どうぞよろしくお願い致します。



~~~~~~~~~~~~~~~~
当ブログに掲載されている写真や文章を転載・転用することは、固くお断り致します。

FC2カウンター

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンク

フリーエリア

←♪♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。