永遠の旅人  美を巡る彷徨

旅で訪れた美しい国や村、街並み、建築等を、撮りためた写真と共に、思いつくまま綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

バロックの町レッチェ(Lecce)   イタリア

南イタリアプーリア州の中でも、一際異彩を放つ町レッチェ。町にはバロック様式の美しい建築が並び、その華麗な装飾に目を奪われる。特にサンタ・クローチェ聖堂のファサードは、首が痛くなる程見上げていても、飽きることはない。細部まで掘り込まれたユニークな彫像が、見上げる旅人を静かに見下ろしている。
町を歩いて、ちょっと小腹が空いたら、老舗のCAFFE ALVINOで熱々のパンツェロットを頬張るのがお勧めである。これはモッツァレラチーズとトマトが入った揚げパンのようなもので、プーリア名物の一つだと言う。一口食べると、新鮮なモッツァレラがとろけてトマトと一体になって、まるでショウロンポウの肉汁のごとく中から溢れ出した。
日が暮れてからの町は、昼間とは別の顔を持つ。バロック建築がライトアップされて、やわらかなオレンジ色の灯りに包まれた町を歩いていた時、私は自分が舞台の中にすっぽり入ってしまったかのような気分になった。
レッチェ1

サンタ・クローチェ聖堂のファサード
レッチェ2

美しい彫刻の数々
レッチェ3

レッチェ4

レッチェ6

レッチェ11

ライトアップされた町は、舞台の中にいるような気分にさせる
レッチェ7


レッチェでは、サンタ・クローチェ聖堂の正面にあるパトリア・パレス・ホテル(Patria Palace Hotel)に泊まった。部屋には花をモチーフにしたフレスコ画が施され、屋上テラスからはサンタ・クローチェ聖堂のファサードを心ゆくまで眺めることができる。レセプションの対応も感じが良く、この町に相応しい美しいホテルであった。
レッチェ8

フレスコ画が美しいパトリア・パレス・ホテルの部屋
レッチェ9

レッチェ10

屋上テラスからサンタ・クローチェ聖堂を見る

ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!
スポンサーサイト

テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

FC2Ad

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
海外旅行が大好きです。
これまでヨーロッパを中心に31カ国を訪れ、渡航回数32回、渡航日数532日間になりました。特にフランスとイタリアが好きです。
どうぞよろしくお願い致します。



~~~~~~~~~~~~~~~~
当ブログに掲載されている写真や文章を転載・転用することは、固くお断り致します。

FC2カウンター

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンク

フリーエリア

←♪♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。