永遠の旅人  美を巡る彷徨

旅で訪れた美しい国や村、街並み、建築等を、撮りためた写真と共に、思いつくまま綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ヴィラ・サン・ミケーレ(Villa S.Michele)  カプリ島       イタリア

ヴィラ・サン・ミケーレ(Villa S.Michele)は、カプリ島にあるローマ時代の別荘を改築した美術館である。室内にあるアンティーク家具のコレクションも良いが、ここは何といっても、スフィンクスが見下ろすテラスから見る、地中海の眺めが素晴らしい。私が訪れた時は、天気が悪く霧も出ていたが、それでも海は碧かった。霧の中に霞む庭園は、幻想的な美しさに満ちていた。
カプリ1

霧に霞む幻想的な庭園
カプリ2

カプリ3

回廊にある彫刻のコレクション
カプリ4

カプリ5

テラスの奥にスフィンクスが待っている
カプリ6

カプリ7

天気が悪くてもどこまでも碧い地中海


カプリ島へは、ソレントから水中翼船で向かった。入り江では判らなかったが、沖へ出ると海は荒れていた。小さな船は木の葉の様に舞い、荒波は甲板を越えて船室まで入って来た。次第に船内には、緊迫した空気が漂い始めた。嘔吐をする人々が増え、遂に女性が恐怖の余り泣き叫んだ。丁度、映画の「タイタニック」を見た後だったので、私も旅先で命の危険を身近に感じた。以前何かで、ペットボトル1本で人間1人が浮くことを耳にしていたので、飲みかけのペットボトルを必死に抱きしめていた。傍に居たフランス人が、余裕の笑みを浮かべて「大丈夫。心配しなくていい。」と何度も言ってくれた。こういう時に冷静でいられる人になりたいと心から思った。何とか無事カプリ島に到着し、その後の船は全て欠航になった。
カプリ8

霧に霞むカプリ島
カプリ9

カプリ島では4★のホテル・ラ・パルマ(La Palma)に泊まった。タイルの床が可愛らしい部屋だった。
私は、自他共に認める晴れ女だが、カプリ島では雨が降り、青の洞窟へ行けなかった。いつか、イスキア島、プローチダ島と共に再訪したい。その時は、フェリーで行くつもりである。

ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!
スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

FC2Ad

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
海外旅行が大好きです。
これまでヨーロッパを中心に31カ国を訪れ、渡航回数32回、渡航日数532日間になりました。特にフランスとイタリアが好きです。
どうぞよろしくお願い致します。



~~~~~~~~~~~~~~~~
当ブログに掲載されている写真や文章を転載・転用することは、固くお断り致します。

FC2カウンター

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンク

フリーエリア

←♪♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。