永遠の旅人  美を巡る彷徨

旅で訪れた美しい国や村、街並み、建築等を、撮りためた写真と共に、思いつくまま綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

印象派の画家に愛された港町オンフルール(Honfleur) フランス

オンフルールHonfleur)は印象派の画家に愛された港町として名高い。古い家並みの町全体が美しいが、旧港はまさに絵のように美しい。深いグレーの壁、色とりどりのオーニング(日よけ)、停泊するヨット、それらが水面に映る様子は調和のとれた風景画を見ているようである。
約10年ぶりに見る旧港は、変わらない美しい姿で私を迎えてくれた。旧港の周りをシャッターを切りながら、ゆっくり歩いた。見覚えのある形や色を一つ一つ確認してゆく。様々な想いが心の中をよぎってゆく。ふと想い出して、以前訪れた時に入ったティー・ルームに向かった。100日間の旅を始めてまだ間もない頃に偶然立ち寄った店で、そのオーナーの言葉が甦ってきたからであった。
だが、そのティー・ルームは無くなっていた。変わらないように見えて、確実に過ぎ去ってゆく時の流れを感じた。
オンフルール

オンフルール2

どこか夢見るような曇りの日の旧港
オンフルール3

オンフルール15

オンフルール4

別の顔を見せてくれる晴れた日の旧港
オンフルール5

オンフルール6

オンフルール7

オンフルール8


オンフルールの町を歩いていると、細い石畳の路地で、はっとするような洒落た店に出会う。さすがフランスと感心する、センスの良いウィンドウを楽しむ。
オンフルール11

オンフルール12

オンフルール13


オンフルールには、美しいサント・カトリーヌ教会(Eglise Ste-Catherine)やウージェーヌ・ブーダン(Musee Eugene Boudin)美術館、エリック・サティの生家(Maisons Satie)など見所も多い。
オンフルール9

サント・カトリーヌ教会(Eglise Ste-Catherine)の内部
オンフルール10

オンフルール14

エリック・サティの生家(Maisons Satie)の一室

ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!
スポンサーサイト

テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

FC2Ad

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
海外旅行が大好きです。
これまでヨーロッパを中心に31カ国を訪れ、渡航回数32回、渡航日数532日間になりました。特にフランスとイタリアが好きです。
どうぞよろしくお願い致します。



~~~~~~~~~~~~~~~~
当ブログに掲載されている写真や文章を転載・転用することは、固くお断り致します。

FC2カウンター

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンク

フリーエリア

←♪♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。