永遠の旅人  美を巡る彷徨

旅で訪れた美しい国や村、街並み、建築等を、撮りためた写真と共に、思いつくまま綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

モネが好んだ美しいホテル ラ・フェルム・サン・シメオン(La Ferme St-Simeon) オンフルール(Honfleur)

オンフルールHonfleur)2日目は、モネやシスレー、クールベなど著名な画家たちが好んだ美しいホテル、ラ・フェルム・サン・シメオン(La Ferme St-Simeon)に泊まった。オンフルールの山の手にあり、ホテルの部屋や庭からは海を眺めることができる。グレーに水色のアクセントが洒落た母屋と、スパがある別棟、茅葺屋根の家などが広い敷地に点在している。
通された部屋は、スパにそのままバスローブで行ける別棟にあり、広いバルコニーを持つ美しい部屋だった。すぐにウェルカムドリンクのシードル(これが深い味わいでとても美味しかった)と、しっとりと美味しいアップルケーキのサービスがあった。ゆっくり味わいながら、部屋を眺めると、洗練されたインテリアで、横長の大きなテレビが壁に埋め込まれ、DVDプレーヤーも設置されていた。とても素敵な雰囲気に、もしかして、本当にモネが私をここに呼んでくれたのかしらと、今度はちょっと本気で思ってしまった。(いえ、自分が好きで勝手に来ているだけです。)
ラ・フェルム・サン・シメオン(La Ferme St-Simeon)は、世界の選りすぐりの美しくエレガントなホテルが集結するルレ・エ・シャトー(RELAIS&CHATEAUX)に加盟している。
サンシメオン1

門の向こうの美しい姿に期待が高まる
サンシメオン2

サンシメオン3

サンシメオン4

絵のように美しい建物が点在する
サンシメオン5

サンシメオン7

私が泊まった部屋がある別棟、地下にはスパがある
サンシメオン8

広く洗練されたインテリアが美しいデラックスルーム
サンシメオン9

大きな横長のテレビが壁に埋め込まれている
サンシメオン10

とびっきり美味しいシードルとアップルケーキのサービスがあった
サンシメオン11

向こう岸にル・アーブルの町の灯が見える海を望む広いバルコニー


ここにはガストロノミーとトラディショナル料理の2つのレストランがある。私は、トラディショナル料理のレストランでランチをした。メインのブイヤベース風魚介類のスープがとても美味しかった。上に少量かかっている濃厚なソースが味を引き締め、マルセイユで食べた有名レストランのブイヤベースより遥かに美味しく感じた。デザートの洋梨のコンポート、濃厚なチョコレートソースとクレームシャンティー添えは素晴らしかった。パンチが効いた、コクがあり強い甘さの深い味わいであった。
サンシメオン13

食後のお茶もここで頂いた、暖炉が燃える美しいラウンジ
サンシメオン14

トラディショナル料理のレストラン
サンシメオン15

アミューズ・ブーシュのパンプキンスープ
サンシメオン16

フォアグラと名産の林檎を使った前菜
サンシメオン17

メインのブイヤベース風魚介類のスープ
サンシメオン18

洋梨のコンポート、濃厚なチョコレートソースとクレームシャンティー添え


翌日は12:00のチェックアウトまで、近くのノートルダム・ド・グラス礼拝堂(Chapelle Nortre-Dame-de-Grace)まで散歩したり、部屋でゆっくりくつろいで過ごした。
チェックアウトして、キャリーを転がして町のバス停に向かって歩き始めると、ホテルから出てきた車が横に止まった。「町まで行くの?」と聞いてくる。見ると、昨日ランチをしたレストランのスタッフであった。「町まで行くから、乗せて行ってあげる」と言う。もちろん、有り難く乗せてもらった。20年このホテルに勤めていると言う。こんなことなら、もっと昨日チップをはずんでおけば良かったと反省した。到着して降りる時、こんな時、お金を払うのは無粋なことなのかしら?いや、ホテルのスタッフだからやはり払うべきなのでは?と自問自答し、チップに慣れてない日本人は(と言うか私は)どうしていいか判らなくなる。結局、お金を渡そうとしたが、笑顔で受け取ってくれなかった。ほんと、難しい。なかなか、スマートな振る舞いができる旅人にはなれない。

オンフルールでは、満足させてくれる美しいホテル、お洒落な店、いくら見ても飽きない美しい町並みが迎えてくれる。
私は、常に訪れたことがない場所に行ってみたいと思う根っからの旅人だが、オンフルールは何度でも訪れたい美しい町だ。

ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!
スポンサーサイト

テーマ:フランス - ジャンル:旅行

このページのトップへ

FC2Ad

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
海外旅行が大好きです。
これまでヨーロッパを中心に31カ国を訪れ、渡航回数32回、渡航日数532日間になりました。特にフランスとイタリアが好きです。
どうぞよろしくお願い致します。



~~~~~~~~~~~~~~~~
当ブログに掲載されている写真や文章を転載・転用することは、固くお断り致します。

FC2カウンター

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンク

フリーエリア

←♪♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。