永遠の旅人  美を巡る彷徨

旅で訪れた美しい国や村、街並み、建築等を、撮りためた写真と共に、思いつくまま綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

パレ・ロワイヤル(Palais Royal) パリ(Paris) 

マイルを貯めるために、レンヌからパリまで列車に乗らず、エールフランスで戻ってきた。花の都(私は勝手に華の都と呼んでいる)、パリ。世界に美しい都は沢山あるけれど、おそらく総合的に見て、パリは世界で最も美しい都ではないかと思う。美を求めて彷徨う旅人が、決して避けては通れない世界で最も美しい都を、さてどこから語ろうか・・・。エベレストに素人が普段着のまま登頂しようとするかのように無謀で、どこから手をつけていいか解らなくなる。とにかく、まずはお気に入りの場所から取り上げてみたい。
壮麗な建築のパレ・ロワイヤル(Palais Royal)は、ルイ13世の宰相リシュリューが自邸として建てたと言う。私はその美しい空間にすっかり魅せられてしまい、パリを訪れると、つい足が向いてしまう。中庭を囲む回廊には、現在三ツ星レストランとして名高いル・グラン・ヴェフール(Le Grand Vefour)や印象的なウィンドウの専門店が並び、伝統の中にも現代的な感性が生きる独特な雰囲気を醸しだしている。この回廊をウィンドウ・ショッピングをしながら1周して、すぐそばのギャルリー・ヴィヴィエンヌ(Galerie Vivienne)からパサージュ巡りをしながら、パサージュ・ヴェルドー(Passage Verdeau)まで北上するのが、私の好きな散歩道である。
パレロワイヤル1

現代的な彫刻と建築の調和が美しい
パレロワイヤル2

パレロワイヤル3

パレロワイヤル4

普段の回廊
パレロワイヤル5

クリスマス仕様の赤絨毯が残る回廊
パレロワイヤル6

パレロワイヤル7

ここの雰囲気に負けていない資生堂の美しいウィンドウ
パレロワイヤル8

パレロワイヤル9

ガーデニングの専門店もとても洒落ている


私の初の三ツ星レストラン体験は、一昨年、この回廊にあるル・グラン・ヴェフール(Le Grand Vefour)のランチに訪れた時だった。1760年創業の店には、ナポレオンやジャン・コクトー、小泉元首相など時代の名士が数多く訪れている。歴史的建造物に指定されている美しい室内装飾と、ギ・マルタンが創り出す芸術的な料理が、パリの奥深さを教えてくれる。旅人が知らない、パリに住む華やかな世界の人々が、日常の延長としてそこで過ごす時間をごく自然に楽しんでいた。
隣の席のアメリカ人老夫妻と話をした。彼らは本物の永遠の旅人で、一年中優雅に世界を旅していて、パリの三ツ星レストランを全て制覇していた。最初、料理の写真を撮ることはためらわれたのだが、彼らがさりげなく撮っているのを見て、少しだけ撮らせてもらった。
パレロワイヤル10

ミシュラン3ツ星に輝くレストラン、ル・グラン・ヴェフール(Le Grand Vefour)
パレロワイヤル12

メインの肉料理(アバウトな表現でごめんなさい)
パレロワイヤル11

パレ・ロワイヤルのライトアップされた様子も美しい

次回はパリで最も美しいパサージュである、ギャルリー・ヴィヴィエンヌ(Galerie Vivienne)を御紹介したいと思います。

ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!

パリの美術館については、カテゴリー「世界の美術館」の中で紹介しています。
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

FC2Ad

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
海外旅行が大好きです。
これまでヨーロッパを中心に31カ国を訪れ、渡航回数32回、渡航日数532日間になりました。特にフランスとイタリアが好きです。
どうぞよろしくお願い致します。



~~~~~~~~~~~~~~~~
当ブログに掲載されている写真や文章を転載・転用することは、固くお断り致します。

FC2カウンター

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンク

フリーエリア

←♪♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。