FC2ブログ

永遠の旅人  美を巡る彷徨

旅で訪れた美しい国や村、街並み、建築等を、撮りためた写真と共に、思いつくまま綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

サンチャゴ・デ・コンポステラ(Santiago de Compostela)  スペイン

イスラムの影響を受けた美しい建築の数々が残るスペインにはとても魅かれる。以前、父とアンダルシア地方を中心に巡るツアーに参加した。全ておまかせのツアーに父と一緒ということで安心していたせいか、今までの旅行の中で最も印象に残っていない。アルハンブラ宮殿やトレドがとても美しかったことは覚えているのだが、どこか印象がぼやけているのだ。いつか、必ず個人で再訪したいと思っている。その時は、1日かけてゆっくりアルハンブラ宮殿を隅から隅まで見て、トレドでは連泊するつもりだ。だが、旅先で出会った人々から、スペイン(特にマドリード、バルセロナ、アンダルシア地方)の危険情報(強盗)を再三聞き二の足を踏んでしまう。イタリアのスリと違って、どんなに気を付けていても狙われたら最後、力ずくで盗まれるそうだ。

北スペインにあるサンチャゴ・デ・コンポステラには、北スペインが南部より安全と聞いて、北ポルトガルからフランスに抜ける旅をした時に訪れた。サンチャゴ・デ・コンポステラはフランスから始まる巡礼の道の最終地である。今でも約900kmに及ぶ巡礼の道を踏破する人々が多い。巡礼者がオブラドイロ広場に辿り着き、広場に面して建つ壮麗なカテドラルを見上げる時、どんな想いがその胸を去来するのだろうか。ただの通りすがりの旅人には知る由も無いが、それでも胸に迫るものがある。その建築の美しさのためか、やはり巡礼者の想いがこの広場に集積しているからだろうか。
町は巡礼の地としてふさわしく、静かな美しさに満ちていた。が、スペインがヨーロッパの他の国より危険だという先入観を払拭できず、私はいつもよりさらに気を引き締めて緊張していたので、心ゆくまで町歩きを満喫することはできなかった。まだ充分早い時間なのに、ちょっと日が暮れかけただけでビクビクして、早々にホテルに戻った。ちょっと情けないなとも思うが、危険を回避するにはこれ位でちょうど良いのかも知れない。(ちょっとビビリすぎ?)

サンチャゴ1

オブラドイロ広場に面して建つ壮麗なカテドラル
サンチャゴ2

サンチャゴ3

サンチャゴ4

サンチャゴ5

サンチャゴ6


サンチャゴ・デ・コンポステラでは、前々から泊まりたかったパラドール、ロス・レイエス・カトリコスに泊まった。美しいパラドール自体が歴史的建造物であり、中を探検するのにかなり時間がかかった。

ロス・レイエス・カトリコスについては、カテゴリー「海外の美しいホテル」の中で、2008年2月22日の日記に記載しています。

ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです♪
←Click Please!!
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

FC2Ad

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
海外旅行が大好きです。
これまでヨーロッパを中心に31カ国を訪れ、渡航回数33回、渡航日数548日間になりました。特にフランスとイタリアが好きです。
どうぞよろしくお願い致します。



~~~~~~~~~~~~~~~~
当ブログに掲載されている写真や文章を転載・転用することは、固くお断り致します。

FC2カウンター

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンク

フリーエリア

←♪♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。